青のり屋が本気でつくった 青のりふりかけ

¥550

「毎日の食卓に 本物の香りを」

スジアオノリは湯気が立つ温度で最も香る。炊きたてのご飯と相性が良いから、本当に美味しいふりかけを作りたいと思っていた。

そんな中で出会ったのが、鹿児島県枕崎市の鰹節屋・金七商店さん。

熟練の職人が原料となる鰹を選り抜き、骨を1本1本抜いてから鰹のすり身を塗り燻し、その後表面を削って形を整え、カビ付け作業と天日干しを何度も繰り返す。今では数少ない昔ながらの伝統的な製法によって手間と時間をかけてつくられる金七商店の本枯節は、日本一の鰹節との呼び声も高い。

看板商品の「クラシック節」が持つ無駄のない上品で華やかな香りと深い旨味は、スジアオノリの香りと良く合い、ブレンドするとお互いの長所を活かし合う存在になる。

そこへ有機で育てられた白ごま、高知県室戸岬の海洋深層水でつくられた塩だけを加えて、素材を活かしたふりかけが出来上がった。

ほかほかのご飯はもちろん、うどんやパスタなど、温かい料理にふりかけるだけで本物の香りを家庭で楽しめる。素材そのままの優しい味なので離乳食に加えるなど、小さなお子さまにもおすすめ。

内容量:20g
賞味期限6ヶ月

◎こちらの商品は計4個までのご注文に限り、 全国一律350円にて日本郵便「ゆうパケット」(またはヤマト運輸「ネコポス」)配送が選択できます。

※「そのまま干した すじあおのり」「そのまま干した はばのり」とあわせても合計4個までであれば、ゆうパケット(またはネコポス)配送可。

※日時指定はできませんのでご了承ください。

詳しくはこちらから。