塩蔵 柚子ひじき

¥500

料理に入れても、そのまま食べても美味しい「海の野菜」

ヒジキは、ワカメやコンブのように、海藻の中で味がとても濃い。

一般的に流通しているのは、収穫後すぐに長時間茹でて、干して乾燥した黒いヒジキだが、このヒジキはさっと茹でただけなので、生の状態に近い。また、大きく育ったものではなく、生えて間もない時期に収穫した柔らかな若芽だけを使い、シャキシャキ、コリコリした食感を楽しめる。

食べ応えがあり存在感もあるので、お皿の主役としても、脇役としても活躍できる。

そんなヒジキに柚子の香りを組み合わせた『柚子ひじき』。一番の特徴は、そのままで食べやすいこと。葉野菜のサラダを食べるような感覚で、お皿に盛ってもりもり食べられる。

料理と合わせるなら「柚子の香りに合うモノ」を考えると分かりやすい。うどんや蕎麦の薬味として、パスタの具材として、お吸い物のワンポイントに。

それと柚子胡椒が美味しいように、柚子ヒジキを辛いものに合わせても美味しい。ドレッシングとしてラー油をかけたり、麻婆豆腐へ入れてみたり。

食べ応えに着目して、蓮根やキクラゲなど、似た食感の食材と組み合わせるのも面白い。反対に、柔らかい具材の中へ入れると良いアクセントになる。

内容量:150g
賞味期限:3ヶ月 


最初に塩抜きが必要です】
まわりの塩を水で洗い流した後、柚子ひじきを3〜7分ほど水に浸し、塩抜きをしてください。
塩抜き後、水からあげたら柚子の香りをひじきに移すように1分間優しく揉み込んでください。柚子の香りをより一層お楽しみいただけます。入っている柚子皮もお料理にご使用いただけます

・3分〜4分:塩味を活かしたいお料理やそのまま食べるときに
・5分:ほんのり塩味を感じたいときに
・6分~7分:しっかり塩味を抜いて使用するときに

【関連記事ご紹介】
芽ヒジキでも長ヒジキでもない シーベジのベビーヒジキ

*稀に自然由来の付着物がある可能性がありますが、洗ってお召し上がりください。

*本商品に含まれるヒ素は基準値以下であり、内閣府 食品安全委員会も「ヒ素について食品からの摂取の現状に問題があるとは考えていない」としています。

*ひじきのサイズは収穫時期によって多少異なります。長過ぎる場合は切ってお使いください。

*柚子の大きさは商品によって多少異なります。

*本製品の青のりは、えび・かにの生息域の海水を用いて養殖しています。

この商品は要冷蔵のためクール便でお届けします。

・クール便 :1,100円
*北海道、沖縄への配送は各配送料金より+200円頂戴いたします。
*詳しい配送方法についてはこちら

ヒジキが秘めた 食材としての魅力

「これこそ、まさに海の野菜」

ナビゲーター:石坂秀威

石坂秀威 | いしざか しゅうい                 

シドニー出身。数々の有名料理店で料理人としての経験を積み、世界各国から集結した仲間と共にレストラン「INUA」の立ち上げのために来日。リサーチトリップを頻繁に行い、出会った食材を使用して醤油などの発酵調味料も自ら作るなど、スーシェフとして料理開発を担当した。INUA時代から多くの海藻を使用し、新しい切り口の料理を数多く手掛けた。現在はシーベジタブルの料理開発担当として、テストキッチンで海藻の可能性を探求している。

初めて若芽の小さなヒジキを食べたのは、シーベジタブルの皆と一緒に海に潜ったとき。何と言うか、この食感は“食べるべき“だなと思った。ヒジキそのものを食べている感じがしたというか。

陸の葉野菜みたいにしっかりした食感で、歯応えがある。これこそ、まさに海の野菜じゃないかって。

繊細な香りのスジアオノリと違って、ヒジキは調味料としてのポテンシャルは見えなかった。だけど、香りも食感もすごく強い。茹でたり火を通したりするような強めの調理法でも、しっかりそれらが残ってくれる。

ヒジキは、海藻の中でも味が濃いほうだと思う。例えるなら、パイプの中に味がぎっしり詰まっているような状態。そこへいきなり他の味を入れるのは難しいから、生のヒジキを一度茹でる。

茹で時間が長いと、シャキシャキした食感が無くなってしまうから、さっと茹でてあげることで、ヒジキの味を少し抜いてあげる。それから塩蔵処理で味を凝縮させていく過程で、茹でて生まれた隙間に他の味を入れてあげる。

すると、いろんな味付けヒジキができる。

柚子ヒジキを最初に考えたのは、柚子って日本人にとって懐かしい香りで、親しみやすい香りだから。「そもそもヒジキって生に近い状態で食べられるの?」という声に、分かりやすく応えられると思って。

柚子ヒジキは、とにかくそのままでも食べやすいことが強み。料理に使うときも、最初に玉ねぎと一緒に炒めなきゃいけない、なんてことは一切なく、最後に料理へ混ぜるだけで、美味しく食べられる。

料理に入れるなら、無理にヒジキと合わせようとしなくても、皆が知っている柚子が何と合うのかを考えれば、分かりやすいと思う。

例えば、うどんや蕎麦のトッピング。よく付け合わせで菜っ葉が添えてあったり、薬味に柚子の皮が入っていたりするけど、その二つの役割を柚子ヒジキだけで担える。食べるトッピングでもあるし、香りづけとしての働きもある。

そう思うと、カレーに福神漬けのように入れてもいいだろうし、お吸い物ならワカメの代わりに柚子ヒジキを入れると面白いかも。

それと、パスタの具材に。下味が完成したところへ最後に柚子ヒジキを入れてあげると、面白い食感だし、魚介系のパスタなら海の香りと柚子のさわやかな香りが、熱で一緒に感じられる。

あと、柚子胡椒。あの美味しさの元は、柚子の香りと辛さ。つまり柚子と辛いものは一緒に美味しく食べられるから、柚子ヒジキを辛い料理に使ってあげると面白いと思う。

ヒジキを主役にしたサラダに、ラー油をベースにしたドレッシングをかけるとか。ゴマの香りもプラスされて、辛さとすごく合うと思う。

試したことは無いけど、麻婆豆腐のトッピングとして柚子ヒジキがあればきっと美味しい。冷や奴に辛いオイル、そこへ醤油と柚子ヒジキも良いかもしれない。


最後に、歯応えを楽しむ料理が個人的に好きで。

ヒジキは良い食感がするから、食感を楽しむような一品を作るのも面白い。この前は試食会で、柚子ヒジキをキクラゲと合わせてサラダっぽく出した。どっちもコリコリとした食感。

生春巻きに入れて、あの食感を柚子ヒジキでパワーアップさせるのも美味しいと思う。反対に、柔らかい具材の中にアクセントとして入れるのも面白い。

かんたんレシピ

ご家庭でもつくれる簡単なレシピをご紹介しています

クックパッドはこちら

岡田大介さんの「柚子ひじき」紹介ブログ

パートナーシェフである酢飯屋 岡田大介さんによる柚子ひじきのおすすめの食べ方や使い方のご紹介です

ブログはこちら