Culturing the sea

Re-Seaweed

地球の 7 割の面積を占める海には、日本の海域だけで 1500 種類もの海藻が生息すると言われています。そしてその全てに毒がない=食べられる。しかし人類は、この海藻の “食材としての可能性” をほとんど知ることなく生きてきました。

おいしくて、たのしくて、あたらしい。海藻を主原料とした、 世界で未だ誰も味わったことのない食体験を届けるブランドです。

海藻の可能性を広げる、発酵の世界

「海藻×発酵」

海藻を発酵と掛け合わせることで、本来海藻が持ち合わせていないような味を表現。

 日本が誇る歴史ある食文化でありながら、これまで出合うことがなかった「海藻」と「発酵」をかけ合わせた、今まで世界の誰も味わったことのない食体験をお届けしていきます。

料理開発担当/シェフ 

石坂秀威 | Shui Ishizaka

シドニー出身。オーストラリアの U30 の料理コンテストで優勝後、2018年東京にオープンしてからわずか1年で2つ星を獲得した『INUA』でスーシェフとして料理開発を担当。その後、シーベジタブルと出会い、自らも海に潜りリサーチしているうちに、”食べる”という視点で海藻の魅力を引き出してみたいと思い、仲間に加わる。

これまでに社内のテストキッチンで100種類以上の海藻と向き合い、料理業界でも知られていない海藻の食材としての可能性を発信してきた。社内に迎えた海藻×発酵研究の第一人者である内田らと共に、海藻の発酵研究にも日々取り組んでいる。

この春に京都で開かれる『noma』のポップアップレストランにも料理開発で参画。

SEAVEGETABLE Test Kitchen

2021年11月に中目黒に開設、現在は石坂をはじめ3名の料理人が在籍。全国各地から送られてくる海藻の活用方法を、社内の海藻発酵研究者らと日々開発している。これまでに扱ってきた海藻は100種類を超える。

SEA VEGETABLE

研究者から料理人まで各分野のスペシャリストが集まり、全国各地で海藻の基礎研究・種苗生産・陸上/海面栽培、さらには料理開発まで一貫した事業を行う。

海藻が激減する海の生態系を豊かに育みながら、社内外の料理人たちと新たな海藻の食文化をつくることにも取り組んでいる。

1月22日(日)〜1月25日(水)

サロン・デュ・ショコラ2023

Coming soon

青のり しょうゆ

第一弾の『青のり醤油』発売を皮切りに、日本が誇る歴史ある食文化でありながら、これまで出合うことがなかった「海藻」と「発酵」をかけ合わせた「海藻発酵調味料」をお届けしていきます。

NEWS

Re-seaweed発「海のワイン」メディア掲載情報

Re-seaweed発「海のワイン」メディア掲載情報

海藻を発酵させてつくったノンアルコール飲料「海のワイン」に関するプレスリリース発行し、多くのメディア様に取り上げていただきました。 ▼「海のワイン」プレスリリースはこちら   ▼ご紹介いただいたメディア様はこちら(順不同) ・Business Insider Japan ・ELEMINIST...

Read more
海藻を発酵させてつくった「海のワイン」が誕生 〜伊勢丹新宿店「サロン・デュ・ショコラ2023」でお披露目〜

海藻を発酵させてつくった「海のワイン」が誕生 〜伊勢丹新宿店「サロン・デュ・ショコラ2023」でお披露目〜

合同会社シーベジタブル(共同代表:蜂谷 潤、友廣 裕一、本社:高知県安芸市)は、新たな海藻の食文化を育むため世界に向けて発信する新ブランド「Re-seaweed (リ・シーウィード) 」をリリースする。 その第一弾として、未だかつてない海藻を発酵させてつくったノンアルコール飲料「海のワイン」...

Read more